マッチングアプリ 結婚

すっかり出会いの主要な手段になりつつあるマッチングアプリ。

3人に1人はマッチングアプリを利用したことがあるんだとか。

 

でも、

マッチングアプリって軽いノリでしょ?本当に結婚した人っているの?

アプリを使っているけど結婚できる気がしない・・・

と思う方もいるはず。

 

そこで!

今回は、マッチングアプリで結婚された方(30代女性・Mさん)にお話をうかがってきました。

結婚に向けて工夫、努力されたことや婚活中の方へのアドバイスも教えてもらいました!!

マッチングアプリ以外の婚活方法は?

婚活手段はアプリのみでした!

・スキマ時間で数多くの男性とコンタクトが取れる

・初対面で異性を意識し過ぎて失敗することが多かった

この2点が理由です。

 

私自身とても忙しく当時は生活していました。

一人暮らしで仕事は責任者をしていて、仕事は朝から夜遅くまで。

「休みの日は外に出たくない!」とインドアになりがちで。。。

 

接客業だったのですが、休みの日は知らない人と話すが嫌になるほど一人の時間が好きで…

ふと婚活しようと思った私に一番最適だったのが「マッチングアプリ」。

 

「アプリって怖くないか?」とか「変な人多そう」というイメージが先行するかもしれません。

それはニュースが悪いことしか伝えないからなんですよね。

実際のところは、パートナー探しをネットでされている方はいい人がほとんど。

 

そしてアプリのいいところは女性は基本無料でできる手軽さ。

「これで結果がでなかったら結婚相談所とか婚活パーティ行くか」

ぐらいの気持ちで登録しました。

 

アプリの最初のアプローチはテキストでのやり取りがメイン。

いわゆる「こじらせ女子」に入る私には性格的にもちょうどよかったんだと思います。

 

ちなみにアプリは2種類利用していました。

30歳なってすぐ使ったアプリと今の主人と知り合ったアプリがあります。

主人含め2つのアプリで3人と実際にお会いしました。

やりとりの人数はすごく多いですけどお会いしたのは3人でした。

Pome
のちほど、実際にMさんが使われていたアプリをご紹介していきます!

実際に会う時は夜は避けていたので主人以外は昼間にお茶しました。

主人はなぜか夜会うっていう流れでしたね。

事前に電話してコミニュケーションとっていたから信用があったのかもしれません。

結婚に向けて工夫、努力したこと

肩の力を抜いてお付き合い

結婚に向けて努力したことは、結婚を意識...というより

私は久しぶりの恋愛だったので「リハビリ」感覚でお付き合いを始めました。

 

彼も最初は結婚はあまり考えていなかったので最初はただ楽しく過ごせればいいな、と思っていて。

万が一結婚したくなったら何かしらアクションとるか、とあまり肩肘張らずに過ごすようにしていました。

 

私自身も主人も30代だったためお付き合いしていくうちに自然を結婚が視野に入ってきた感じです。

30代で婚活をされている男女であれば付き合いはじめると割とすぐに結婚の話になるんじゃないかな?

 

短期間で相手を知る...という感じになりますが、30代にもなると20代のころの自分と違います。

意外にすぐ相手のネガティブな部分は寛大な気持ちで受け入れられる気がします。

これができなかったら人によってはまた結婚が遠ざかるかもしれません。

Pome
完璧な人・完璧な条件なんてないですよね!
多くの人に出会えるのはいいことですが、理想がどんどん高くなっていないか要チェックです。

 

LINEやメッセージの返信はまめに

マッチングアプリ内でも、ラインに移動してやりとりをしてからも返事はこまめに返すようにしていました。

それは今の主人に限らずメッセージを交換していた方は全員です。

話が合わなくなればそれはそれで次にいく、と言う風にアプリの良さである「数」を逆手にとってテキストベースでも合う合わないは結構はっきりさせていたと思います。

 

返事を考えなきゃいけない相手って後々負担になるので、あまり気負わなくていい相手の方が楽ですよね。

なので、いくら忙しくてもメッセージは寝る前に必ずまとめて返信はするようにしていました。

Pome
忙しくても返信はマメに!が鉄則。
話が合わない場合は無理に続けず次に、というのも納得です。

 

結婚=墓場という考え方を変えた

結婚を墓場だと思うイメージを変えたことも一つ結婚に踏み出せた理由でもあります。

多分、独身で生活が充実している方で一部の人は「結婚は墓場だ」と思ってらっしゃるかと思います。

私も実際そうでしたし、結婚なんてできればしたくない、と考えていました。

一人がめちゃくちゃ楽ですからね。

 

ただ、ふと考えてみると。。。

自分よりも親は確実に早くにいなくなりますし、兄弟や友人も自分の生活・家庭を持ちます。

いつのまにか本当に「独身」になるんですよね。

「休みの日に美味しいものを一緒に食べる相手」

「友達のように仕事の愚痴を話せる相手」

がこの先いないってすごく寂しいな、って思ったんです。

結婚はともかく、お付き合いする相手ぐらいいてもいいんじゃないかって思うようになり、婚活に腰をあげて行動し始めました。

Pome

女性だと珍しいですが、男性は「結婚=墓場」みたいな考え方される人多いですよね!

自由がなくなる、責任負えるのか…と考え込んでしまうのかもしれません。

マッチングアプリ利用から結婚までの流れ

主人とはマッチングアプリを使い始めて少したってから知り合いました。

アプリ上でのやり取りの後、ライン交換してそこから電話をするようになり、イメージがお互い膨らむ前に会うことに。

それから間もなくして付き合うことになり、付き合って約1年後に結婚が決まりました。

その後両親に挨拶、半年後に入籍しました。

 

私の年齢は35歳。

23歳で結婚した両親の世代からしたら晩婚に入ると思います。

なので、どんな相手でも反対はしないだろうという確信がありましたね。

自分の両親を気にかけてくれる相手であればOK。

あまり高望みはしないと主人と知り合ったころに決めていました。

 

年収よりもまず、ちゃんと働いていること、第三者に対して態度が大きくない人が私の最低条件だったので主人はこれに当てはまりました。

 

婚活して結婚した人はほとんどが入籍までの時間が長くないと聞きますので、私は比較的平均的な方だと思います。

Pome

お話を伺っていて

・高望みはしない
・最低限ゆずれない条件を決める
・柔軟な考え方をもつ

この3要素を強く感じました。

婚活中の男女にアドバイス

最重要な2点

・あまり相手に期待をしないこと

・自分の市場価値をよく理解すること

この2つがまずは大事だと思います。

私は女なので特に思いますが、相手の年収を気にしていたらいつまで経っても結婚できません

20歳くらいに結婚する男女が年収気にして結婚すると思いますか?

そうじゃないですよね?

若い時は恋愛結婚が多いのでスペックなんて関係ないんです。

Pome

深いお言葉・・・

まずは、「自分の市場価値を知る」ということですね。

ドライな感じがして、ちょっとドキッとしましたが、冷静な分析こそ大事。

ときめきや夢だけでは結婚できないのかも、と思いました。

 

なるべく早めに会ってみる

あと特にアプリで婚活される場合はなるべく早く実際に会ってみることをオススメします。

メッセージで気が合いそうだな、と感じたらラインを聞いて直接やりとりに変更し、電話をしてみたり。

時間が合いそうな時は食事かお茶をして早めに顔合わせをしましょう。

 

タイプじゃなかたり、何か違ったら次にいけばいいのです。

「えーひどい!」と思うかもしれませんが、これは逆に婚活アプリのメリットです。

 

簡単に出会えるからこそ、簡単に次に行ってもOKなんです。

早く会わずにお互いいいイメージだけ膨らんで・・・

実際に会ってみたら、「あれ、イメージと全然違う!」ってなるとその時間が勿体ないんですよ。

Pome

時間のロスをなくすため「なるべく早めに会う」は鉄則ですね!

トラブル防止のため、
・昼間に会う
・オープンなカフェで会う
・短時間にする
といった工夫は必要です。

 

理想もほどほどに。最低限の条件のみで絞る

30歳を超えて婚活をされる方は自分に見合った相手のイメージを高く見積もりすぎない方がいいと思います。

30歳を過ぎて結婚される方であれば、ある程度責任のある仕事をしている人が多いはず。

結婚して仕事を変えるとしてもそこそこ働くと稼げるポジションだと思うので、男性のそこまで年収は気にされなくてよいのでは?

私たちは、主人も私も働いていますが、お互い働く方がかえって相手にストレスが溜まらなくてちょうどいいと思います。

 

今や終身雇用も約束されない社会なので男性に頼って生きていても将来何が起こるかわかりません。

男性に収入のほとんどを頼ることなく女性も何があっても大丈夫なようにしておく必要があります。

もちろん、結婚したから勤務時間が短い仕事に転職したり給料が下がっても残業ナシの職種に再就職するのもアリ。

何も今まで通りのフルタイムで残業たくさん!な働き方じゃなくてもいいとは思いますけどね。

Pome

これまた深い・・・!

確かに、理想をあげだしたらキリがありません。

男性も女性も、最低限譲れない条件を設定するくらいがいいのかもしれません。

完璧な人なんていないですもんね。

 

積極的に褒める

男性にお伝えしたいのが、女性は自分の年齢や容姿をとても気にしています。

35歳からしてみたら32歳ってとても若いのですが、32歳でも気になるものです。

もちろん30歳の女性でもそうです。

なので、よさそうだなって思ったらなるべく端々で褒めてあげるとうまくいきやすいと思います。

Pome

男性の皆さん、心しましょう!笑

男女問わず、褒められて嫌な気分になる人っていませんよね。

相手の方のいいところ探しをして積極的に伝えていきたいところです!

 

結婚に対するイメージをもう少し気楽に

最後に結婚に対するイメージをもっと気楽に持つべきだと思います。

 

「30過ぎてるし、早く結婚しないと子供が産めないかも...」

30過ぎて出産する人今は結構増えています。

決して稀なケースではないので焦らなくでOK。

 

「貯金あんまりないし、結婚しても式挙げられないかも...」

今は結婚式のスタイルもたくさんあります。

フォトウエディングだって十分な思い出になります。

心配しなくてOK。

 

「結婚してもすぐ離婚したらどうしよう...」

その時はまた婚活しましょう。

 

そんな感じでもっと気軽にイメージしていいです。

最初からうまくいくわけないし、どんなカップルだって喧嘩しますからね。

その問題を二人で解決できるから夫婦っていいんだと思います。

Pome

私も結婚に対しては重く考えていたほうなので、最初はびっくりしました。

でも、考えれば考えるほど納得。

「結婚を重く捉えすぎて、一歩も前に進めない」ほうがよほどリスキーということでしょう。

実際に使っていたマッチングアプリ

Pome
最後に、Mさんが実際に使われていたマッチングアプリを伺ってみました。

私が使った事あるのは「youbride」と「タップル」でした。

 

「youbride」は年齢層高めで結婚を意識している人が多い印象。

「タップル」は20代から40代と幅広くいるイメージです。

とりあえず彼氏がほしい、みたいなノリだったら「タップル」くらいから始めるのがいいかと思います。

ちなみに私は主人とは「タップル」で知り合いました。

自分の年代とマッチするアプリを使うのがおすすめで、合わないと思ったら変えてもOK。

アプリとの相性を確かめるためにも、複数のアプリを並行して使っていくのが賢い使い方じゃないかな?と思います。

 

【Mさんが実際に使われていたアプリ】

↓アイコンタップで無料ダウンロード↓


youbride(ユーブライド)婚活・マッチングアプリ
Diverse.Inc無料

 

↓アイコンタップで無料ダウンロード↓

タップル誕生-マッチングアプリ・恋活サービス(tapple)
MatchingAgent, Inc.無料

マッチングアプリで結婚した方の体験談!まとめ

ここまでお読みいただきありがとうございました!

 

今回は、実際にマッチングアプリで出会って結婚まで至った30代女性の方にお話を伺ってきました!

実際に利用されていたからこそのお話、現実的な考え方など、「なるほど!」と思うことが盛りだくさんでした。

最後に、Mさんがお話しされていたことをまとめておきます!

    • 結婚や相手に求めるハードルを必要以上に上げない
    • 最低限譲れない条件を設定
    • 自分の市場価値をきちんと把握する
    • なるべく早めに会ってみる
    • 相手のいいところは積極的に伝えよう
    • マッチングアプリは複数併用がおすすめ

当サイトMatch Link(マッチリンク)の最新おすすめアプリはコチラ↓

年齢目的別に最適なアプリが見つかるように解説していますので、よかったら参考にしてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事