マッチングアプリ 50代

マッチングアプリを3人に1人は使っていると言われる昨今。

「50代が出会えるマッチングアプリはある?」

「出会うコツやアプリのメリットデメリットが知りたい」

という方のために、50代のマッチングアプリ事情を解説していきます。

 

この記事では、

  • 50代の方のためのアプリ選びの基準
  • 50代向けおすすめランキングTop5
  • 出会うためのコツ
  • 結婚相談所との比較

を中心にご紹介していきます。

>>すぐにランキングを確認したい方はコチラ

50代の方のためのマッチングアプリ選び基準

マッチングアプリにはそれぞれ微妙な違い・特徴があります。

「アプリを使えば出会える」わけではありません。

出会うためには、まずは自分に合ったアプリを探すことから。

 

当サイト『Match Link』が考える、「50代の方が出会いやすいマッチングアプリ」の基準についてご紹介しますね。

アラフィフ以降の会員数が多め

そもそも、マッチングアプリのメインターゲット年齢は20代30代。

そのため、50代専用のマッチングアプリが存在するわけではありません。

 

その中でも、比較的アラフィフ以降の会員数が多いアプリを使うのがカギ。

具体的には、45歳~60歳前後の会員が多いマッチングアプリです。

 

男女とも完全無料のアプリはNG

マッチングアプリのほとんどが「男性有料×女性無料」のパターン。

「男性ばかりお金を取られて、なんだかなぁ・・・」と感じる方も多いかもしれません。

 

一見、男性も無料で使える出会い系サイトは魅力的に映るかもしれませんが…

サイト上で得た情報を業者に横流しすることで資金を得ていることも。

 

「男女とも完全無料」の出会い系サイト・アプリには注意してください!

 

健全な運営(安全管理やサポート体制etc)を維持していくには資金が必要です。

男性の会員料金がその資金になっています。

 

サポートや安全対策がしっかりしている

サポートや安全対策がしっかりしているかも重要なポイント。

アプリの操作やお相手とのやり取りについて気軽に相談できる環境が整っているのは大きいです。

 

サクラや業者に対する安全対策がしっかりしていると安心して使えますよね。

  • 一部上場企業や大手企業が運営している
  • アプリや運営歴が長い

とより安心です。

Pome
この後ご紹介していくアプリは全て上記3つの基準を満たしていますよ!

 

できれば男女同額

最後にご紹介する基準「男女同額」については必須条件ではありません。

 

マッチングアプリの中には男性も女性も有料(同額)のアプリが存在します。

Pome
主に婚活色の強いアプリですね。

 

女性もお金を払って使っているので、女性の真剣度が高くなりやすいです。

「少ない人数でもいいから効率的に出会いたい」と考える男性におすすめです。

 

女性無料のアプリでは、一定数、暇つぶしを目的として使っているユーザーも。

返信が遅れがちになったり来ないこともあります。

ただ、女性無料のアプリのほうが登録のハードルは低いので、より多くの女性が登録しています。

「たくさんの女性の中から探して出会いたい」と考える男性におすすめです。

マッチングアプリ50代向けおすすめTop5

マッチングアプリ選びの基準を確認したところで、早速ランキングを見ていきましょう。

Pome
どのアプリも無料登録・無料ダウンロードでき、マッチングまで無料で利用可能です。

1位:マッチドットコム

目的恋活~婚活
年齢層男性:30代前半~60代前半

女性:20代後半~50代後半

料金男性:3,490円/月

女性:3,490円/月

50代の出会いやすさ
全体の会員数
特徴世界規模のアプリで同性の検索もできる

※料金は1ヶ月プランの場合。複数月プランはもっと安い

 

マッチングアプリの中でも年齢層が高めのマッチドットコム。

 公式発表によれば

20代:30代:40代:50代

1 :5 :2 :2

会員数の実に20%が50代という結果

マッチドットコム 年齢層

私も実際に使っていますが、確かに40代以降の会員数は男女ともに他のアプリよりも圧倒的に多い印象です。

他のマッチングアプリでは50代以上は5%未満であることがほとんど。

年代の方が多いので、マッチングしやすく年齢で浮くこともありません。

 

さらに、男女有料なこともあり、真剣さが担保されています。

男性も年齢の高さからか、年収レベルも高め。

真剣に交際・結婚を見据えて活動している人ばかりです。

出会いやすさ・活動しやすさともにNo.1でしょう。

 

マッチドットコムは世界規模のマッチングアプリ。

少数ながら外国の方も登録しており、同性を検索できるのも特徴。

いいね!も押せる回数に制限がないので、アプローチし放題です。

Pome
50代の方におすすめアプリを聞かれたときは、真っ先にMatch.comと答えています!

\まずはアイコンタップで無料ダウンロード/


Match Japan世界最大級の恋愛・結婚マッチングアプリ
Match Group, LLC無料

 

2位:マリッシュ

目的再恋活・再婚活
年齢層男性:30代前半~60代前半

女性:20代後半~50代後半

料金男性:3,400円/月

女性:無料

50代の出会いやすさ
全体の会員数
特徴離婚歴アリ・シングルマザー/ファザーへの優遇制度

※料金は1ヶ月プランの場合。複数月プランはもっと安い

 

マッチドットコム同様、マリッシュも年齢層が高いマッチングアプリ。

マリッシュ男性年齢層

男性は、40代以上が半数近くを占めます。

マリッシュ女性年齢層

女性も、3割程度が40代以上。

 

年齢層が若いことで知られるwithでは、このように20代30代が全会員の9割以上を占めます。

 

マッチドットコムやマリッシュがいかに40代以上が多いかが分かってもらえるかと思います。

 

マリッシュは男性は有料ですが、女性は無料で使うことが出来ます。

さらに、離婚歴がある方やシングルマザー・シングルファザー向けの特典が充実しています。

  • いいね!をするのに欠かせないポイントを他の会員よりも多くもらえる
  • シングルマザーに理解がある人が一目で分かるアイコンがある

など再婚活に使いやすいアプリです。

 

アプリ内で通話ができる「あんしん電話」といったマリッシュ独自の機能も。

「初めてアプリを使うから不安…」という気持ちに寄り添うような、安全面にも配慮されたアプリです。

こんな人にオススメ!
  • 離婚歴がある
  • 無料で使いたいと思っている女性

\まずはアイコンタップで無料ダウンロード/


マリッシュ-婚活・恋活・再婚マッチングアプリ-marrish
株式会社マリッシュ無料

 

3位:youbride

目的婚活
年齢層男性:20代後半~60代前半

女性:20代後半~50代後半

料金男性:3,980円/月

女性:3,980円/月

50代の出会いやすさ
全体の会員数
特徴30日間無料キャンペーンあり

※料金は1ヶ月プランの場合。複数月プランはもっと安い

 

真剣に婚活する人が使うyoubride。

年齢層は幅広く、20代後半から60代までカバー。

ボリューム層は30代~40代前半ですが、50代以降の方も10%~15%程度活動しています。

Pome
マッチドットコム・マリッシュほどではないものの、一般的なマッチングアプリに比べれば多いほうですね。

 

会員数の面でも、都心部を中心に全国に広がっているため、地方の方でも出会いやすいのが特徴。

 

youbrideは男女とも有料で同額。

女性も有料であるためか、メッセージ返信率も他のアプリに比べると高いです。

有料ではありますが、30日間の無料キャンペーンがあるので始めやすい・コスパがいいのでおすすめしています。

>>youbride(ユーブライド) 31日間無料キャンペーン

こんな人にオススメ!
  • 地方に住んでいる
  • コスパを重視したい
  • ちょっと年下の方とも出会いたい

\まずはアイコンタップで無料ダウンロード/


youbride(ユーブライド)婚活・マッチングアプリ
Diverse.Inc無料

 

4位:Omiai

Omiai

目的恋活~婚活
年齢層男性:20代後半~50代前半

女性:20代前半~40代後半

料金男性:3,980円/月

女性:無料

50代の出会いやすさ
全体の会員数
特徴独自機能で安全対策に力を入れている

※料金は1ヶ月プランの場合。複数月プランはもっと安い

 

恋活~婚活までを目的として利用する人が多いOmiai。

マッチングアプリの中でも真面目な人が多いと評判です。

 

ただ、年齢層は20代後半~30代後半がメイン。

40代であればまだ活動しやすいですが、50代となるとかなりの少数派にはなってきます。

正直、「すごく活動しやすい」というわけではありません。

 

それでもおすすめする理由は、Omiaiには「イエローカード」という独自制度があって安全対策に力を入れているから。

 イエローカードとは?

不審・不快なユーザーが通報により「イエローカード」を付される制度。

検索結果から「イエローカード」を喰らった会員が一目でわかるので、より安心して活動できます。

Pome
怪しい動きをする会員は自然と淘汰されていくので全体を通して会員の質が高いんです。

 

安全度が高く、アプリの使い勝手もいいのでマッチングアプリ初心者の方でも安心して使えます。

こんな人にオススメ!
  • 無料で使いたい女性
  • メインのアプリは別で、サブアプリとして利用する

\まずは各ストアから無料ダウンロード/

Omiai - 恋活・婚活・マッチングアプリで出会いを

Omiai - 恋活・婚活・マッチングアプリで出会いを

Net Marketing Co., Ltd無料posted withアプリーチ

 

5位:ペアーズ

目的恋活~婚活
年齢層男性:20代前半~50代前半

女性:20代前半~40代前半

料金男性:3,480円/月

女性:無料

50代の出会いやすさ
全体の会員数
特徴最大級のアプリで地方でも多数のカップル成立・成婚実績あり

※料金は1ヶ月プランの場合。複数月プランはもっと安い

 

Pairsは会員数最大級のマッチングアプリ。

一般的に地方は、そもそもの若者の人口も少なくアプリも浸透していないことが多いので会員数はどうしても少なくなりがち。

しかし、ペアーズであれば、地方でも一定数会員がいるので、十分に出会えます。

実際、ペアーズの「幸せレポート」を見ていても地方の方がたくさん出てきます。

 

年齢層は20代~50代と幅広いものの、ボリュームゾーンは20代~30代前半になっています。

50代以降は割合的にはかなり少なく、Pairsはもともとルックスのいい会員が多いことからライバルも強いです。

そのため、「50代の方に特別向いている」とは言い難い部分があります。

 

それでも、全体の会員数の多さからチャンスはあると思い、5位にランクインさせました。

こんな人にオススメ!
  • 地方に住んでいる
  • 無料で使いたい女性
  • ルックスには多少自信あり

\まずはアイコンタップで無料ダウンロード/


Pairs(ペアーズ) 婚活・恋活の出会い マッチングアプリ
eureka,Inc.無料

マッチングアプリで50代の方が出会うためのコツ

ここからは、50代の方がマッチングアプリで出会うためのコツをお伝えしていきます。

自分に合った年齢層のアプリを選ぶ

先ほどもご紹介した通り、マッチングアプリのメインターゲットは20代・30代。

withというアプリでは男性も女性も40代以上は1割程度という結果でした。

 

「20代30代がせめぎ合っている中で戦っていくのは厳しそうだな…」というのは感じると思います。

 

50代に特化したアプリは存在しませんが、その中でも、自分の年齢層に近い人が多いアプリを選ぶことがマッチング率UPの肝。

具体的には、40代~50代の会員が多いアプリを選ぶと出会いやすくなります。

 

高すぎる理想はNG

マッチングアプリの良い点は、幅広い年齢・職種・地域の方と出会えるところ。

だからと言って、自分よりも1周りも2周りも若い人と出会うのは現実的ではありません。

 

  • 20代の女性と付き合いたい
  • スタイルがよく美人な人がいい
  • 身長は175以上の男性がいい
  • 年収は800万円以上で
  • 初婚の人
  • 実家暮らしじゃない人

・・・

と条件をあげだしたらキリがありません。

と、同時に条件を増やすほど出会いにくくなります。

 

どうしても譲れない部分はあるかと思いますが、最低限にとどめるべきでしょう。

 

2~3つのアプリを併用する

マッチングアプリと自分との相性もあります。

こちらでご紹介した5つのアプリは比較的50代の方でも出会いやすいものではあります。

といっても、自分で使ってみないと「合う」「合わない」は分かりません。

 

出会いのチャンスを増やすためにも2~3つのアプリを併用するのがおすすめ。

どのアプリも基本的には、無料でダウンロード・会員登録できます。

Pome
まずは無料の範囲で使ってみて、「合いそうだな」と思ったアプリから課金していくとスムーズです。

 

写真に力を入れる

検索結果には、このように自分のプロフィール写真が表示されます。

マッチングアプリ 検索結果

この写真を見て、「詳細なプロフィールも見るか」「いいねするか」を瞬時にジャッジされます。

そのため、プロフィール写真は非常に非常に重要です。

 

基本的には、以下の点に注意していればOKです。

 
  • 自撮りはしない
  • 顔面ドアップの写真は避ける
  • 明るい背景で撮る
  • 顔が分かる写真・全身が分かる写真どちらも用意する
  • 過度な露出を避ける
  • 加工アプリを使わない
特に「自撮り」は男女とも最悪な印象を与えます。

ナルシストな感じを与えるだけでなく、自撮り自体の難易度もかなり高いです。

芸能人でかろうじて通じるレベルですので…

 

加工アプリで肌を明るく補正したり、顔の輪郭を削ることもできますが、おすすめしません。

不自然な印象になるだけでなく、実際に会った際のギャップがマイナスに働きます。

 

 オススメしている写真例

誰かに撮ってもらった写真

旅行先の写真

少し遠景での写真

斜め45度くらいの写真

おすすめ 写真の例

マッチングアプリ 50代

 

プロフィールを充実させる

プロフィール

写真の印象で「気になる」「いいかも」と思ってもらえたら、プロフィールが開かれます。

写真の次にプロフィールも力を入れる必要があります。

 

せっかく興味を持ってもらったのにプロフィールがスカスカでは「真剣ではないのかな?」という印象をもたれ、離脱されてしまうからです。

 

身長や職業といった基本的な項目だけでなく、趣味や生活に関する項目、恋愛・結婚観についてもしっかりと全項目埋めるようにしましょう。

 

自己紹介文も1・2文で終わるのではなく、どんな人物像なのかが伝わるように400字程度は書く必要があります。

 

 自己紹介文の流れ おすすめ例

  • 導入のあいさつ
  • 仕事に関して
  • 趣味や休日の過ごし方
  • こんなデートをしたい・しましょう
  • 理想のカップル・夫婦像
  • 締めのひとこと

 

check実際の例文

プロフィール閲覧ありがとうございます!
真剣にお付き合いできる方と出会えたらと思い始めました。

■仕事
都内でメーカーの営業をしています。
お客さまの笑顔や「使ってよかった」という声にやりがいを感じる毎日です。
部下も増え、責任も大きいですが、チームプレーで成果を出せたときは喜びもひとしおです。

■休日の過ごし方・趣味
基本的に休日は、ジムに行ったり近所のカフェでゆっくり読書をすることが多いです。
最近はトレッキングに目覚めて近場の山をめぐることが趣味になっています。

料理も好きでよく自炊します。
おいしいお酒・ご飯が大好きなので、ご一緒できる方だと嬉しいです。

もし親しくなれたら一緒にお店を開拓しましょう!
お互いに自立しながらも尊重し合える関係が理想です。

よろしくお願いします!

 

自分から積極的に行動する

アプリに登録して満足しているようではNG!

男性だけでなく、女性も自分から積極的に行動していかなければ出会いはつかめません。

 

  • 待っているだけでなく、自分からいいね!する
  • プロフィールの見直し・改善を定期的にする
  • こまめにログインする

Pome
ログインボーナスとしてポイントやいいね!をもらえます。
アプローチする機会を増やすためにも利用したいところ!

マッチングアプリが50代の方にもおすすめな理由

「マッチングアプリって若い人が使うものでしょ?」

「50代で使うって実際どうなの…?」

と思う方もいるかもしれませんが、50代の方にもマッチングアプリはおすすめです。

その理由をお伝えしますね!

場所・時間にしばられず気軽に恋活婚活できる

管理職についたり、仕事が忙しい50代の方も多いはず。

なかなかまとまった時間をとるのが難しい、という方もいらっしゃると思います。

 

マッチングアプリであれば、場所や時間にしばられずに活動できます。

通勤時間や昼休みのちょっとした時間にまとめてチェックすることも。

Pome
通うことが前提の結婚相談所に比べると、だいぶ負担が少ないですよね!

 

圧倒的に費用が安い

圧倒的に費用が安いのも魅力の1つ。

結婚相談所では入会金、月会費、カップリング費用、成婚料…と何十万単位でかかってくるのが一般的。

 

一方、マッチングアプリは無料で始められるので非常にハードルが低いです。

無料会員のままではメッセージが送れないので有料会員になる必要はあります。

それでも、月額4,000円前後で使えるので、経済的な負担もグッと抑えられますよね。

Pome
婚活パーティー1回分以下の料金で1ヶ月使い放題なので、コスパがいかにいいかわかりますよね!

 

たくさんの相手の中から探せる

結婚相談所や婚活パーティーでは、20人~30人と人数が限られていますよね?

 

マッチングアプリには何千、何万という人が登録しています。

自分で検索条件を絞りながら、たくさんの相手の中から探せるのが魅力です。

 

普通に生活していたらなかなか出会えないような職種の方に出会えるのも楽しいですよ。

早々に結婚をしたい50代の方は結婚相談所という手も

マッチングアプリについてご紹介してきましたが、

早々に結婚したい

自分1人で婚活をしていくのは不安だ

という方には、結婚相談所を利用するのもアリです。

結婚相談所とマッチングアプリの比較

結婚相談所

メリット
  • プロフィールの作成やデート、交際までサポートしてもらえる
  • フィードバックがもらいやすいから改善していける
  • 確実に紹介してもらえて実際に会うこともできる
  • デートの日程・場所の調整も行ってもらえる
  • 独身者のみで、安全性が高い
  • 不安なこと・分からないことを気軽に相談できる
デメリット
  • 登録に年齢制限があり、45歳や50歳までのところが多い
  • 費用が高い
  • 初期費用も高額なので始めるハードルが高い
  • 相談所まで通わなければならない
  • 時間や場所の制約が大きい
  • 紹介される人数が限られている
こんな人にオススメ!
  • 1人で婚活していく自信がない・アドバイスがほしい
  • 経済的に余裕がある
  • 確実に出会いたい
  • 早々に結婚したい

 

マッチングアプリ

メリット
  • 費用が安い
  • 無料で始められるから利用のハードルが低い
  • スキマ時間を使って活動ができる
  • いつでも利用の停止・再開ができる
  • 自分のペースで活動できる
  • 幅広い年齢・職種の方と出会える
  • 場所的な制約がないため、転勤・引越しにも簡単に対応できる
デメリット
  •  独身者だけでなく、一部既婚者もいる
  • 自分でプロフィールや写真を調整・改善しないといけない
  • アプリを使ったからと言ってすぐに会えるわけではない
  • サポートが結婚相談所に比較すると希薄
こんな人にオススメ!
  • 費用を抑えて活動したい
  • パートナー探しが主な目的で結婚は急いでいない
  • 忙しく、なかなか時間がとれない
  • 自分でプロフィールなど工夫しながら活動できそう

 

より詳しく「アプリと相談所の違い」について知りたい方はコチラの記事を参考にしてみてください。

 

Pome
50代の方でも登録できる・活動しやすい相談所を2つご紹介します!

楽天オーネットスーペリア

楽天オーネットスーペリア

「楽天オーネットスーペリア」は結婚相談所の中でも珍しく、45歳以上の方向けのサービス。

結婚相談所では通常は年齢制限があり、50歳までというのが一般的です。

 

45歳以降に特化した結婚相談所なので、自然と出会いやすくなっています。

「45歳以上の男女を成婚に導く」ためのノウハウがスタッフにも蓄積されているので、成婚に近いサービスです。

 

大手企業「楽天」ブランドで、安全面でも申し分ないです。

無料で資料請求・相談ができるので、気になる方はチェックしてみましょう。

↓詳細はこちら↓

 

ツヴァイ

Zwei

「Zwei」は、年齢制限がなく50代以降の方でも登録が可能。

ただ、全体的に50代以降の会員数は少ないので、楽天オーネットスーペリアのほうがおすすめではあります。

楽天オーネットスーペリア

Zwei(ツヴァイ)のいいところは、全国に51店舗ある点。

都心部だけでなく、地方の方も活動しやすい環境です。

 

マッチングの種類も

  • 年齢や職業などから絞り込む「条件マッチング」
  • 顔写真の印象で探す「インプレッションマッチング」
  • 質問に答えて価値観が合う人を探せる「価値観マッチング」

と3パターンあります。

 

それぞれのマッチング方法でで探せるので、年間に最大156人に出会えるチャンスが。

年間156人と言うのは、結婚相談所の中ではかなり多いほうです。

Pome
結婚相談所によっては毎月2~3名(年間50~60名)というところも。

Zweiでも無料で資料請求が可能ですよ!

>>ツヴァイ公式HP

50代におすすめのマッチングアプリ まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます。

check出会うためのコツ まとめ

  • 自分に合った年齢層のアプリを選ぶ
  • 2~3つの併用で出会いを加速
  • プロフィール写真・自己紹介文に力を入れる
  • 高望みはせず、現実的なお相手探しを
  • 受け身ではなく能動的に活動する
  • 1人での婚活が不安な方は結婚相談所という選択肢も

 

マッチングアプリは使い方次第では、50代の方も出会いにつながる恋活婚活手段。

忙しい方にも気軽に始めていただけます。

一歩踏み出して始めてみませんか?

 

迷ったらこのアプリ!

50代の方へのおすすめ度No.1のマッチドットコム。

どのアプリを使おうか迷った方はマッチドットコムから始めてみましょう。

 

\アイコンタップで無料ダウンロード/


Match Japan世界最大級の恋愛・結婚マッチングアプリ
Match Group, LLC無料

 

>>もう一度ランキングを見る方はコチラ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事